2015年8月7日金曜日

歌唱についてプロとビギナーでの違い その2~息使い~

こんにちは。GM Vocal Academyです!
長い梅雨もようやく明け、本格的な夏がやってきました。
暑い中でも日々の鍛錬を怠らず、精進していきましょう!

今月は「歌唱についてプロとビギナーでの違い」をまとめています。
今回は第2回「息使い」について。

今回も結論から。
プロは息づかいで歌い、ビギナーは声で歌おうとします。
もちろん声を出せるようになって初めて、息づかいで歌うことが出来るので、
声が自由に出なければ、まずはしっかり声を出して歌えることを練習しないといけません。

声が出るようになれば、息を先に出すことを意識していきます。
声を出そうとした瞬間にアーを言い始めるとどうしても喉で引っ張ってしまいます。
アーという言葉の前にまず息です。
上手い人は必ず息から入ってるのでアーティストなどの音源を聞き、
その際、声の出始めの息の部分に注目するとわかりやすいと思います。

ちなみに息から出す事によって、自然と腹式呼吸になったり、
声が奥の方で鳴ったりしてきます。
その感覚を実感できるとなおよいです。

百聞は一見にしかず。
一度体験に来ていただければ、分かりづらいところは明確に解説します!
この夏、歌のレベルアップを目指している方はお気軽にお問い合わせを!
Template Design: © 2007 Envy Inc.