2015年8月28日金曜日

歌唱についてプロとビギナーでの違い 最終回~総合的な実力~

こんにちは。GM Vocal Academyです!
大型台風も過ぎ、一気に秋の様子が近くなりました。
なんだか物悲しく感じるのはなぜなんでしょうかね?

今月は「歌唱についてプロとビギナーでの違い」をまとめています。
今回は最終回「総合的な実力」について。

どんなプロの世界でもそうですが、
一つのことを極めれば良いということはありません。

歌で言うと、音感、リズム感、歌唱法、発声法...などなど、
それら全てについて、独自の理論を持てるレベルをプロと呼ぶのだと思います。
もちろん、必ずしもその理論を語る必要はありませんが。

ビギナーの方はどうしても小手先の技術にとらわれがちです。
特に「ビブラート」、「腹式呼吸」等々、
歌唱法を語る上でよく出てくるキーワードに流されて、
そこだけちょっと練習して上手くなった気がして終わる、
そういったケースを良く見かけます。

総合的な実力を上げるにはやはり基礎が大事です。応用はその上に乗ってくる物です。
基礎部分の支えはなによりも大事と言ってもいいかもしれません。
まず基礎があってこそです。プロに安定感があるのは基礎がしっかりしているからです。

そしてその基礎は独学ではなかなか習得は難しいものです。
実質プロでもトレーナーは付きますし。

当校に来て頂ければ、貴方の「実力」を確実に上げます。
その伸び幅は貴方の努力に比例します。
少しでも興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください!

Template Design: © 2007 Envy Inc.