2016年3月25日金曜日

発声の際に意識する点

こんにちは。GM Vocal Academyです!
あっという間に3月も終わりですね。新年の計画通り進んでいますか?
貴方がこの春、良いスタートを切れるように祈っています。

今回は「発声の際に意識する点」について。

無意識で正しい発声が出来る方もいますが、
それが出来ないうちは意識してポイントを抑えておきましょう。

腹式呼吸を用いて、しっかりと深い呼吸が出来るようになったら、
発声する際には腹式呼吸の上に声をのせることを意識します。

発声に慣れてない状態で声を出そうとすると、
最初に音程を喉で探ってから出す傾向にありますが、
これはしょうがありません。
なかなか声がでなければ何も考えずにただただ大きい声からでよいと思います。

声が出てきたらさらに意識すべきのは、「まず息を先に出す」という点です。
アーと出すなら先に小さいフンがある感じ。
難しければ、先に鼻息でフンもありです。

声を出そうとした瞬間にアーを言い始めるとどうしても喉で引っ張ってしまいます。
アーという言葉の前にまず息です。

上手い人は必ず息から入ってるので、皆さんの好きなアーティストなどの
音源を聞いて、息の部分に注目するとわかりやすいと思います。

素晴らしい曲が素晴らしく聞こえるのには理由があります。
貴方の歌も素晴らしい歌にきっとなります!お気軽にお問い合わせを。

Template Design: © 2007 Envy Inc.