2016年5月6日金曜日

日本語の母音、子音の扱い方

こんにちは。GM Vocal Academyです。
吹く風も少し夏めいてきましたね。
何かを始めるにはいいタイミング。言い訳せずに行動していきましょう!

今回は「日本語の母音、子音の扱い方」について。

日本語においての歌唱のコツを細かく解説します。
日本語での歌唱は、そのまま発声すると喉っぽい発声になりがちです。
少しの工夫で喉っぽさは解消することができますが、
その際、母音と子音で多少扱いが変わります。

喉っぽさの解消は、声を出す前のタメで解消することが出来ます。
母音から始まる場合は手前にン、フン、イなどを付けます。
子音がつく場合は子音の部分が息になります。

例えば「かきくけこ」だとしたら ク(息で)とアで「か」 クとイで「き」など。
子音と母音はしっかり分けて発声します。
「まみむめも」「なにぬねの」「わ」はンが付き、「やゆよ」はイが付きます。
文字で書くと伝わりにくいかもしれませんが、
基本、全て息から歌います。

息から出す事によって、自然と腹式になったり、声が奥の方で鳴ったりしてくるので
その感覚を実感できるとよいと思います。

ただ歌うだけでは決して心を引く歌は歌えません。
貴方の歌を貴方の目指す歌声に近づけます。まずは無料体験レッスンへ。

Template Design: © 2007 Envy Inc.