2016年5月20日金曜日

音の扱い方

こんにちは。GM Vocal Academyです!
今日は夏を訪れを感じさせる暖かい日でしたね。
青空のように大きく広がる未来に向け、頑張っていきましょう!

今回は「音の扱い方」について。

音の扱い方が下手な人は、口先で音を扱いがちです。
言葉の扱いが口先だけになると、非常に不器用な印象を受ける歌になります。
日本人が話す、流暢でない英語をイメージすると分かりやすいかもしれません。

実際、歌の下手な人の歌とプロの歌を聞き比べると、
音の発生している場所、さらにそれを扱っている場所の違いを聞き取れます。
プロは口の奥の部分で発声し、音を扱っていることが聞き取れると思います。

もっと細かく言うと歌の上手い人は、
破裂音、息、舌の動き、圧縮具合などで発音し、言葉にします。
音程の変化、メロの間の息のはさみ方、ビブラートなどは仮声帯を利用して歌います。
これは別に意識して使ってわけではなく、その方が歌いやすいだけです。

多くの人から評価される歌にはちゃんとした理由があります。
歌い手が無意識だとしても、重要な点がしっかり抑えられているのです。

誰の歌でも少しのコツを抑えるだけで、グッとよくなる可能性を秘めています。
プロの歌唱法を学びたい方は、是非一度体験レッスンに!

Template Design: © 2007 Envy Inc.