2016年7月1日金曜日

リズムで歌う

こんにちは。GM Vocal Academyです!
7月。あっという間に1年の半分が終わってしまいました。
2016年も折り返し。自分の夢に向け進んでいきましょう!

今回は「リズムで歌う」事について。

カラオケを歌う際にガイドメロディが流れますが、
あの音を全て信じきるのは大変危険です。
もちろん音程をあわせるためのサポートとしては問題ないのですが、
あのタイミングに合わせて音を出そうとすると、リズムが単調になってしまいます。

例えば童謡にはリズムが単調なものが多いです。
チューリップなど、首を上から下に動かしながら歌うイメージがあるものは、
「リズムが単調」の意味が伝わりやすいかと思います。
現代の音楽を童謡のように歌うのは、もちろんかっこ悪いです。

プロはリズムを取る際、意識してか、自然にかは人それぞれありますが、
かなり細かい区切りでリズムを刻んでいます。
「プロはリズムで歌い、ビギナーはメロディで歌う」といいます。
単調ではなく、細かいリズムを刻めるよう意識していきましょう。

百聞は一見にしかず。当校に来て頂ければ目の前でプロの歌い方を実践できます。
音楽の世界で本気で生きたい人は是非当校の体験レッスンに!
Template Design: © 2007 Envy Inc.