2018年5月26日土曜日

楽器習得

こんにちは。GM Vocal Academyです!
あっというまに五月も終わり、日によっては半袖でも過ごせるような陽気ですね。
だれたりせず、コツコツやっていきましょう!

今回は「楽器習得」について。

歌が上手くなるには、ボイストレーニングなどの歌に関するレッスンが必要ですが、その他に何らかの楽器習得をオススメしています。
楽器を習得することで、歌を歌う上で非常に有利に働く感覚が身に付くからです。

楽器を演奏する際の楽譜は、音感やリズム感に直結する、
音程やリズムを目に見える形で記載されてます。
楽器を扱うほうが、ただ単純に歌を歌うだけより、
音程やリズム感などに対する意識が強くなるのです。

さらに楽器を始めると、誰かと一緒に演奏する楽しみや、
自分にあった楽器を選ぶ楽しみなど、
より音楽を楽しむ事が出来るという意味でもオススメです。
歌うこととあわせて、生涯の趣味にすることが出来ます。

何かを始めるのに遅すぎることはありません。
少しでも楽器に興味を持ったら、
何でもいいので始めてみることをオススメします。
当校では楽器のレッスンも可能です。

プロのミュージシャンは、普段から常に音に触れています。
この夏、貴方の人生のパートナーともなりうる楽器、
探して始めてみませんか?

GM Vocal Academy福岡天神校 公式HP

2018年5月18日金曜日

資料だけの学習では足りない

こんにちは。GM Vocal Academyです!
もう夏のような暑さを感じる日もありますね。
暑い夏がやってきます。だれないように!

今回は「資料だけの学習では足りない」ということについて。

今の時代、本やDVD、ネットの動画など
ボイストレーニングについて述べられてるものが多々あり、
それは誰にでも簡単に手にとる事が出来ます。

知識だけならそこで得ることは可能でしょう。
ならば、わざわざスクールに通ってまで、
教えてもらう必要はあるのでしょうか?

まず、その本などの良し悪しが分かりづらいのです。
それが正しいのか間違ってるのかの判断は
難しいのではないでしょうか?
悲しいことですが、明らかに間違ってる本や動画を多々見かけます。

それと、
世に出回っている理論の大部分は声楽寄りの考え方のものです。
クラシックやオペラなどあくびのような喉を開いたまま
輪郭の大きな声で歌いたい方は、
声楽寄りの知識でよいかと思いますが
ロック、ソウル、ブルース、ポップス等の現代の音楽は、
声楽とは発声そのものが違います。
ここは重要なので当校ホームページのトップページで触れています。
歌い方といってもいろいろあるわけです。

さらに見聞きしているだけでは
どうしても実践という部分で伝わりにくく、
そのように歌ってみたり、発声したりしてみても、
それが出来てるのか出来てないのかの判断は自身では難しいです。

当校のレッスンでは、
その歌唱法を実践できる講師が目の前にいますし、
さらにそこで出来ているのかどうかを判断してもらうことも出来ます。
一人で学ぶには客観的に見てもらう部分でどうしても限界があります。

その他、個々に存在するクセへの対応など
一人では、なかなか気づけないこともレッスンでは可能です。
役に立つかどうか分からない本を1冊買うよりも、
当校の無料体験レッスンに一度来てみて下さい。
貴方の歌の確実なレベルアップをお約束します!

2018年5月11日金曜日

仮声帯(かせいたい)の有効活用

こんにちは。GM Vocal Academyです!
ゴールデンウィークも終わり、
五月病の時期ですがだらけていませんか?
何かを始めるにはいい時期です。まずは無料の体験レッスンからいかがですか?

今回は「仮声帯(かせいたい)の有効活用」について。

現代の音楽にあった歌唱法では、仮声帯を有効活用します。
喉頭蓋も同時に使用されてますが
ここでは仮声帯についてです。

仮声帯とは
息の通りに圧をかけたり緩めたりすることが出来る場所で
声帯のサポートをする器官です。
声帯の上部にあります。

デスボやシャウトなど発声時にこの仮声帯は使われている
ということは知られてきましたが
通常のミックスボイスでも重要な働きをしています。
 
そのまま息を出しただけでは、
思ったように力をくわえることが出来ませんが、
仮声帯を利用し、息の出口を狭くすることで力を加えやすくなります。
少ないの息の量でも、力強い発声ができるのです。
圧縮され圧がかかった鋭い声とも言えます。

ホースで水を流すとき、そのままの状態と出口を絞った状態では、
同じ水の量でも絞ったほうが水は勢いよく出ます。
その差に似ています。

プロは特に意識することなく、
仮声帯を活用した発声法で歌唱しています。
そのほうが音程や言葉の変化をコントロールしやすいし、
高い声も出しやすくなるからです。

一度体験レッスンに来ていただければ、
仮声帯を活用した発声法をわかりやすく解説できます。
貴方の歌の確実なレベルアップをお約束します!

2018年5月4日金曜日

動物に学ぶ発声法 ~オオカミ編~

こんにちは。GM Vocal Academyです!
ゴールデンウィークも中盤、だらだら過ごしていませんか?
今しかできないこと、やっていきましょう!

今回は「動物に学ぶ発声法 ~オオカミ編~」について。

多くの動物は歌唱の参考になる素晴らしい発声をしています。
オオカミの発声もそんな動物の一つ。早速動画を見てみましょう。



オオカミの鳴き声は発声法で言うと、
「ファルセット」の参考になります。

ここでいうファルセットは、単純に地声との対義語として捕らえて下さい。オオカミの鳴き声は、遠くまでよく響いています。
これが理想的なファルセットです。
35秒あたりから2匹目も鳴き始めて、ちょうど低音と高音になってます。歌唱として応用できれば、遠くまで通る透き通った声になります。

ファルセットの出し方でよく見かける間違いとしては
口や喉の力で引っ張り上げて無理矢理高い声を出してしまいます。
結果、口の周り、もしくは口の中でしか声が響きません。
オオカミの動画を見て、音の出てる位置を探ってみると、
口っぽさは皆無で、喉からではなく、目より上の高い位置から出ています。このぐらい声が上の方で響いてくるのが理想です。
身体の使い方としても喉の力だけではなく、
しっかり腰で踏ん張れてます。

声楽的な理論だけでなく、実際の歌唱に役立つテクニックを教えています。
あなたの歌はあなたが思っている以上にもっとよくなります!
少しでも気になった方は是非無料体験レッスンへ!

Template Design: © 2007 Envy Inc.