2018年7月6日金曜日

日本語での発声の注意点

こんにちは。GM Vocal Academyです!
福岡、大雨で地域によっては特別警報も発令されています。
状況によっては速やかに避難してください。

今回は「日本語での発声の注意点」について。

歌の発声の際、腹式呼吸を用いるのは大前提ですが、
日本語詞の歌唱の場合、胸式呼吸で発声してしまう人が多いです。
これはそもそも日本語が胸式の言語だからです。
(日本人でも話してるkeyが低い人などは複式になってます。)

反対に英語の場合は基本的に腹式呼吸で発音してます。
これも英語が、腹式呼吸で発声する言語だからです。
(だからと言って英語を話す人がみんな歌がうまいわけではありません。英語圏でも歌が下手な人は、胸式になってしまいがちです。)

では日本語の歌唱はどうすればいいか?
具体的に発声練習時の注意点を説明します。
例えば何も考えず「あ」で発声すると、
日本語的に「あ」と言ってしまい、
呼吸が胸式になってしまいます。
難しいかもしれませんが、
日本語的に「あ 」と言葉にしてはダメです。

イメージすべきは、言葉にしない状態での「あいうえお」、
もしくは英語的な「ah e woo ye oh」です。
子音が入っても伸ばすのは母音になるので、基本は母音での発声です。
日本語そのものが胸式の場合が多いので、そのままでは発声しない。
その辺、意識してみると腹式呼吸を利用した発声に近づきます。

やりたいことをやって生きましょう。
あなたの夢実現の力になります。ぜひ一度体験レッスンに!
Template Design: © 2007 Envy Inc.