2018年11月30日金曜日

仮声帯の有効活用

こんにちは。GM Vocal Academyです。
今年ももう1か月。早かったですね。
年末は慌ただしくなるので、やれることは早めにやっておきましょう!

今回は「仮声帯の有効活用」について。

現代の音楽にあった歌唱法では、仮声帯を有効活用します。
喉頭蓋も同時に使用されてますが、ここでは仮声帯についてです。

仮声帯とは、
息の通りに圧をかけたり緩めたりすることが出来る場所で、
声帯のサポートをする器官です。
声帯の上部にあります。

デスボやシャウトなど発声時にこの仮声帯は使われている、
ということは知られてきましたが、
通常のミックスボイスでも重要な働きをしています。
 
そのまま息を出しただけでは、
思ったように力をくわえることが出来ませんが、
仮声帯を利用し、息の出口を狭くすることで力を加えやすくなります。
少ないの息の量でも、力強い発声ができるのです。
圧縮され圧がかかった鋭い声とも言えます。

ホースで水を流すとき、そのままの状態と出口を絞った状態では、
同じ水の量でも絞ったほうが水は勢いよく出ます。
その差に似ています。

プロは特に意識することなく、
仮声帯を活用した発声法で歌唱しています。
そのほうが音程や言葉の変化をコントロールしやすいし、
高い声も出しやすくなるからです。

仮声帯を有効的に使うのは、現代の音楽において必須です。
有効活用できると、一気にあなたの声の幅が広がります!
詳しく知りたい方はぜひ体験レッスンに!

GM Vocal Academy福岡天神校 公式HP
Template Design: © 2007 Envy Inc.